声や音声を扱う仕事

導入事例 第1位 「声や音声を扱う仕事」

当店でヴォイススキャンを購入された方の職種で1番多いのが、この仕事です。その中でも、を仕事や趣味にされている方が多いです。当店も、ヴォイススキャン導入のきっかけは、ボーカル教室での活用(導入ストーリーはこちら)でした。

dinamicmaiku

歌手、ヴォイストレーナー、ヴォーカルインストラクター、声優、アナウンサー、ナレーター、司会者、セミナー講師、講演家、ピアノその他の楽器の講師、音楽療法、カラオケ教室、話し方教室、その他

 

レッスン前とレッスン後の声や心体の変化を見る

レッスン前に声を分析した波形と、レッスン後に声を分析した波形を比べることで、声や心体にどのような変化があったかがわかります。楽器の音の変化も同様です。

変化が目で見えると、やる気にもつながりますので、レベルアップに活用できます。

 

声や音が、聴く人にどんな印象や影響を与えているかを見る

例えば、グリーンが波形に強く出ている場合は人に癒しを与えている、レッドが強く出ている場合は人に元気を与えているというような見方ができます。

そのエネルギーは自分自身にも影響を与えますので、自分にとって元気になる言葉などを調べることもできます。

歌関係であれば、どんな曲が自分に合っているか、また、その曲が自分自身や聴いている人に、どのような影響や印象を与えるかなどもわかります。

生徒さんがいる場合は、選曲に迷っている時などにアドバイスができます。

 

個人に合わせたレッスン方法を研究する

声分析をした結果を元に、理想の声になるためにどんなレッスンをしていけばいいか、研究していくことができます。

ヴォイススキャンが表す12色の色は、チャクラと関係しているため、体のどの部分のエネルギーが強く出ているかがわかります。

これを利用して、例えば、声が体のどの部分で主に響いているかを見たり、波形を見て体の上の方にエネルギーが強く出ていたら、重心を落としてお腹から声を出すことを重点的にレッスンしていくなどの使い方ができます。

これは一例ですので、ご自身で様々な研究をしてみてください。

 

集客、広告宣伝に活用する

活用の仕方によって、あらゆるオリジナルレッスンを作り出すことができますので、他の教室にないレッスンができます。

ヴォイススキャンを所有していてお仕事に活用されている人は、現時点では全国的にもまだあまりいませんので、希少価値があり、口コミで広まりやすくなります。

また、教室などをされている場合、例えば体験レッスンや初回レッスンなどの時にヴォイススキャンを活用すると、具体的なレッスン方法を提示することができます。

そして、ヴォイススキャンをきっかけにいろんなお話をしてコミュニケーションをとることで、入会率がアップします。

 

ヴォイススキャンを活用したセッションをメニューに追加する

ヴォイススキャンを活用したあらゆるセッションをメニューに追加することで、収入減の1つになります。